ストックイラストは不労所得になるのか!?解説してみた

スポンサーリンク
イラスト通信

今回は「ストックイラスト」は不労所得になり得るのか、、、というかなりデリケートな部分に切り込んでいきます。

【不労所得にしちゃだめ】

結論から言うと

「ストックイラスト」は不労所得にはなりません。正確に言うと不労所得にしてしまってはもったいないです。

なぜならば、ダウンロードユーザーはそのイラストに対して「無料」以上の価値を見出したいと思ってダウンロードしているから。

その為、無料と同等の価値しか提供できない人はいずれ淘汰れ、不労どころか収入さえ縮小しかねません。

そもそも不労所所得とは、、、

「働かずして収入を得る」というイメージを持ってる人が多くいると思います。代表的な所で言えば不動産に投資して回収された家賃で労働をせずに生活を行う家賃収入などでしょうか。

しかしながら、本当に働かずして収入を得ている人は長い間正しい努力をし続けたほんの一握りであって、

その状態を築き上げるまでに相当の時間と労力を掛けているし、見えない所でたくさんの努力をしています。

多くの人は他人の努力した「過程」を見ずに最後の「結果」のほんの一部分だけを見ています。

【種を蒔く意識】

ストックイラストに話を戻して、、スケールは変わりますがストックイラストについても同じで、多くの人からたくさんダウンロードされて収益を出せるようになるにはそれ相応の価値を提供しなければなりません。

またずっと「無料」でイラストを描いていると永遠に無料の範疇素材しか生み出せなくなってしまいます。

なので無料のプラットフォームを使いつつ、原資を増やしその原資をさらに増やすにはどうしたらいいのかと考え、自分の価値提供の場を少しづつ広げる努力が生き残る為には必要。(俗にいうスキルの積み重ね)

自身のイラストスキルが高まれば企業や個人からの案件が舞い込むかもしれません。それについては以下のブログに書いてます↓↓

【スキルと収入を上げる】

前述のとおり、ストックイラストを不労所得にしてはいけない理由としては賃金アップの機会を逃しやすくなるから。ずっと同じレベルのイラストばかり描いていては有料ストックなどの単価の高いプラットフォームへの移行も難しくなってしまいます。

言葉通り、有料ストックは無料とは異なりユーザーがお金を払ってイラストをダウンロードします。結果的にレベルの高いユーザーのニーズに合ったイラストが必要とされる為、不労所得としてイラストを放置し続けている人にとっては賃金アップのチャンスがなくなってしまうということ。

【まとめ】

つまり、、大切なことは無料のプラットフォームをバネに自分のスキルをどれだけブラッシュアップさせられるかということ。努力をしている内にもしかしたらストックイラストを通じて不労所得の状態に似たような状態になることもできるかもしれません。

しかしその頃にはその状態に幸せを感じる自分でいれるのか、、TANABOTAはいまだに「???」です。

なぜならば価値あるイラストを提供する過程、つまりは「物作り」に価値を感じ始めており、物作りには必ず相手がいて成り立つものだから。

従って、「不労所得」という概念は様々ですが、突き詰めるとスキルなしに収入は生まれないという基本的な所に原点回帰します。

上記の本の中に「不動産投資を不労所得にしいてはいけない理由」が分かりやすく書かれています。ジャンルは違えど通ずる部分はあり、自身が活動を行う上で参考になることばかりでした。気になる方は是非読んでみてください。

イラスト関連のお仕事のご依頼も承っております。ご依頼は「イラストAC」内のTANABOTAのプロフィールページにてお仕事のご依頼ボタンをお願いします。プロフィールページ⤵⤵

https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=zebJwKkX&area=1

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました