イラスト初心者必見!イラストのバリエーションの作り方を公開してみた!

スポンサーリンク
イラスト通信

こんにちは!イラスト初心者が月間3万円を稼ぐには、、、をコンセプトにブログを発信しているイラストレーターのTANABOTAです!

今回のブログはストックイラストに素材を投稿する時のバリエーションの作り方について解説していきます。既に「イラストAC」などに登録していてイラストを投稿し始めているけれどもイラストのバリエーションの作り方が分からない、いまいちダウンロード数が伸びないという方へオススメです

結論から言うと、漠然とイラストを投稿するよりも「誰が」「どこで」「どのように」「○○している」という風に具体的なシチュエーションを決めるのが得策です。なぜならば、後でタグ付けもしやすくなるし最終的には「タグ付けがものを言う」からです。

上記のイラストで例えると「20代くらいの女性が」「パソコン越しに」「笑顔で」「ポイント説明をしている」というシーンのイラストです。そして一つのイラストができたらどんどん派生させます。

「パソコン越しに笑顔でポイント説明する」部分を残して、シチュエーションを「コールセンター」に変えました。

続いて上記のイラストは「時間の経過と共に資産を増やす若い男性」です。私自身がブログを書く際に必要で作成しました。そしてこのイラストを描いた後に全てを分解したイラストも形を整えて投稿しました。

情報量が多すぎるイラストは使い勝手がわるいこともあるので「上昇グラフ」だけのイラストや「パソコン越しにガッツポーズをする男性」のイラストもついでに投稿すると効率的にダウンロード数を上げられます。

さらには、「色は本当に黄色ワントーンが現実的なのだろうか」お堅い業界などでは「黒髪の方が需要があるかもしれない」という疑問が次から次へとどんどん出てくるので、単純に出てきた疑問をどんどんイラストにして投稿していきます。

上記のイラストは「ざっくり」と描いたイラストで捉え方はダウンロードするユーザーによって千差万別で、ふり幅のあるイラストという立ち位置だなと私は考えています。最初はある程度シチュエーションを決めないと始まりませんが、シチュエーションを描き手主導で決めすぎないというのもダウンロード数を増やすキーポイントではあります。

また、シチュエーションが何も思い浮かばず手が止まってしまうようだったらアイコンのカテゴリーへの流入目的で上記のような「ただ人が前を見据えてる」イラストから作り始めるのもありだと思います。そこから「家族」なのか「友達」なのかという分類分けをしていくことで、シチュエーションを見つけていけると思います。

●まずは何も考えずに描いて意味付けは後から

●意味合いを考えてから作りこんでいく

どちらのやり方でも間違いではないので一概には言えませんが、私自身がダウンロード数を増やせたやり方としては後者でした。またシチュエーションを決めてイラストを絞り込んで描いてくという手法はやはり後々のタグ付けの際にとても有利に働くのでオススメです。

イラストのお仕事ご依頼は下記のプロフィールページ内「お仕事のご依頼」までお願いします!

イラストレーター TANABOTAさんのプロフィール/無料イラストなら「イラストAC」 (ac-illust.com)

無料イラスト素材【イラストAC】

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました